無料期間内のキャッシングなら金利はゼロです

最近はどの信販会社もキャッシング金利の低さを競っていますが、広告で出ている金利は最優遇の金利で、融資枠が一番高い人に適用されるものです。
そのため、大多数の人にとっては無意味なものです。
それより最近はやりの無利息期間があるキャッシングを申し込んだ方が、金利自体を抑えることが可能です。

金利をゼロにする期間があることで有名なキャッシング商品がありますが、毎月1週間だけ金利がゼロになるという特典が付いています。
キャッシングを利用するシーンを考えてみると、給料日前にお金が足りなくなって利用するというパターンが少なからずあると思います
この場合、給料日1週間前までなんとか持ち堪え、1週間前になってからキャッシングして給料日に返済するというパターンを繰り返せば、事実上無利息キャッシングが実現します。
この無利息期間の優遇措置は、毎月1回だけの利用に限られます。しかし、次の月になったらまたこの優遇措置を使う事が可能ですから、毎月給料日前のピンチに心強い味方になります。

この信販会社の場合、コンビニのATMが利用可能なのですが、ATM手数料がかかることが欠点です。
また、他の信販会社に比べて若干金利が高めと思われます。
しかし、1週間分の金利計算がゼロになるという利点があるので、そのようなささやかな欠点はどうでもよくなってしまいます。
必要がないので使った事はありませんが、万が一に備えてこのローンカードを持っています。

このような信販会社もあるのですが、もし他の信販会社で契約済ということであれば支払利息を少しでも抑える方法として、こまめな随時弁済が挙げられます。
簡単に言うと、お金の余裕が千円でもできたらコンビニのATMでこまめに随時弁済をするという事です。
また、サラリーマンの方であれば、給料日に必要最低限の現金だけ残して随時弁済してしまうのも一つの方法です。
こうすることで、支払利息の金額を少しでも抑えることが可能です。
公共料金の引落日やクレジットカードの決済日には、その日の朝にキャッシングして銀行口座に入金すればいいのです。
最近のコンビニATMは、銀行の入金も受け入れる事が多いので、少し早目に家を出て通勤途中のコンビニでキャッシングと銀行口座への入金をするわけです。